コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新日本プロレス しんにほんぷろれす

知恵蔵の解説

新日本プロレス

力道山の門下生だったアントニオ猪木が1972年に日本プロレスから独立して旗揚げ。73年に元柔道全日本選手権者の坂口征二が合流、NET(現・テレビ朝日)がバックにつき、ジャイアント馬場全日本プロレスと並ぶ日本の2大団体となる。猪木は「ストロング・スタイル」を標榜、ボクシングのモハメド・アリ、柔道のウイレム・ルスカらとの異種格闘技戦を成功させて人気を呼んだ。その後も初代タイガーマスク(佐山聡)、長州力など数々の人気選手を輩出。90年代以降は蝶野正洋、橋本真也、武藤敬司の「闘魂三銃士」が中心となった。猪木は89年に坂口に社長職を譲り、98年に現役引退。2000年に橋本が離脱して新団体ZERO‐ONEを旗揚げ、02年には武藤が全日本プロレスへ移籍、長州が退団した。新日本プロレス本体は坂口CEO、藤波辰巳社長体制となっていたが、04年6月に猪木の経営顧問、草間政一が社長に就任。05年5月には猪木の娘婿、サイモン・ケリー猪木が代わって新社長に就任した。05年11月、ゲームソフト会社ユークスが猪木から全株式の51.5%を買い取って筆頭株主になった。

(大野宏 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

世界大百科事典内の新日本プロレスの言及

【プロレス】より

…その後一時低迷したが,元プロ野球巨人軍投手で身長2.09mの巨漢ジャイアント馬場の登場,さらにアントニオ猪木の台頭,元柔道日本一の坂口征二の転向などによって人気を挽回した。72年にアントニオ猪木が新日本プロレスを,ジャイアント馬場が全日本プロレスを結成し,以後は2団体を中心とした時代へ移行した。また76年にアントニオ猪木が,ボクシング世界ヘビー級チャンピオンのムハマッド・アリやミュンヘン・オリンピック柔道優勝者のウィレム・ルスカと〈異種格闘技戦〉を行い話題となった。…

※「新日本プロレス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

新日本プロレスの関連キーワードアブドーラ・ザ・ブッチャータイガー・ジェット・シンジョシュ バーネットビッグバン・ベイダーなかむらしんすけビル・ロビンソンハルク ホーガンスタン ハンセンカート アングルプロレスリングビッグ・ショープロスポーツプロレス女子ドン フライ中之上靖文シン・カラ佐々木健介鈴木みのる村上和成藤原喜明

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新日本プロレスの関連情報