コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新沼武左衛門 にいぬま ぶざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新沼武左衛門 にいぬま-ぶざえもん

?-? 江戸後期-明治時代の漁業家。
陸奥(むつ)気仙郡(けせんぐん)吉浜村(岩手県三陸町)の人。一種の建網(たてあみ)を考案,製造して同地方の漁業の発展に貢献した。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

新沼武左衛門の関連キーワード明治時代陸奥

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android