コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新生児の骨折 しんせいじのこっせつ Bone Fracture

1件 の用語解説(新生児の骨折の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

しんせいじのこっせつ【新生児の骨折 Bone Fracture】

[どんな病気か]
 分娩(ぶんべん)時に赤ちゃんのからだの一部が産道(さんどう)にひっかかり、そこにむりな力が加わることでおこる骨折です。もっとも頻度の高いのは鎖骨(さこつ)骨折です。まれに上腕骨(じょうわんこつ)骨折や大腿骨(だいたいこつ)骨折などもあります。
[検査と診断]
 ある部分を触ると痛がって激しく泣いたり、その周辺が浮腫(ふしゅ)(むくみ)をおこして腫(は)れていれば骨折が疑われます。X線撮影で診断がつきます。
[治療]
 新生児の骨は接着しやすく、骨折部位を固定して安静に保っていれば治ります。鎖骨骨折も、10日もすると骨折部位が接着し始め、数か月で完全に治ります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

新生児の骨折の関連キーワード鉗子分娩吸引分娩経腟分娩分娩分娩予定日異常分娩無痛分娩自宅分娩誘発分娩正常分娩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone