新生児死亡(読み)しんせいじしぼう(英語表記)neonatal mortality

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新生児死亡
しんせいじしぼう
neonatal mortality

生後4週間未満の乳児の死亡をいう。このうち,生後1週間未満の死亡を特に早期新生児死亡といい,周産期の死亡を考える際の指標となっている。新生児死亡率とは,1年間の出生 1000人あたりの新生児死亡数をいう。明治,大正期には 70前後であったが次第に減少し,1947年に 31.4,76年に 6.4と低下した。新生児死亡の原因は,出生時損傷,難産およびその他の低酸素症無酸素症,先天異常などが多い。新生児死亡率が急速な改善を示した反面,乳児死亡全体のなかで新生児死亡の占める比率近年上昇しており,約3分の2を占めている。これは感染,事故などの後天的要因が改善されてきた反面,依然として予防のむずかしい先天的要因が多いためと考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新生児死亡の関連情報