コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新生児死亡 しんせいじしぼうneonatal mortality

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新生児死亡
しんせいじしぼう
neonatal mortality

生後4週間未満の乳児の死亡をいう。このうち,生後1週間未満の死亡を特に早期新生児死亡といい,周産期の死亡を考える際の指標となっている。新生児死亡率とは,1年間の出生 1000人あたりの新生児死亡数をいう。明治,大正期には 70前後であったが次第に減少し,1947年に 31.4,76年に 6.4と低下した。新生児死亡の原因は,出生時損傷,難産およびその他の低酸素症,無酸素症,先天異常などが多い。新生児死亡率が急速な改善を示した反面,乳児死亡全体のなかで新生児死亡の占める比率は近年上昇しており,約3分の2を占めている。これは感染,事故などの後天的要因が改善されてきた反面,依然として予防のむずかしい先天的要因が多いためと考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しんせいじ‐しぼう〔‐シバウ〕【新生児死亡】

生後4週(28日)未満に起こる死亡。1週(7日)未満での死亡を特に早期新生児死亡という。新生児死。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

新生児死亡の関連キーワードチェルノブイリ・ハート新生児ドクターカー排卵誘発剤の知識血液型不適合妊娠妊娠高血圧症候群ヒアリン膜症分娩監視装置周産期医療周産期医学周産期死亡胎児仮死不育症

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新生児死亡の関連情報