コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新生児行動評価スケール しんせいじこうどうひょうかスケール Neonatal Behavioral Assessment Scale; NBAS

1件 の用語解説(新生児行動評価スケールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新生児行動評価スケール
しんせいじこうどうひょうかスケール
Neonatal Behavioral Assessment Scale; NBAS

新生児の行動能力の範囲を採点する方法。新生児は既に環境とかかわる相互作用能力を有しているという考えに基づき,アメリカの小児医学者ブラゼルトン博士が開発し 1973年に発表した。光,ベル,ガラガラなど外部刺激,環境に対する反応の速さ,強さ,注意力がどれだけ持続するか,また適応能力や精神の安定度を採点し新生児の発達結果を予測する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新生児行動評価スケールの関連キーワード運動能力新生児死早期新生児死亡ガスリー試験新生児一次性出血症新生児下痢新生児死亡率新生児出血性疾患低体重新生児フィルデス法則

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone