コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新生児行動評価スケール しんせいじこうどうひょうかスケールNeonatal Behavioral Assessment Scale; NBAS

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新生児行動評価スケール
しんせいじこうどうひょうかスケール
Neonatal Behavioral Assessment Scale; NBAS

新生児の行動能力の範囲を採点する方法。新生児は既に環境とかかわる相互作用能力を有しているという考えに基づき,アメリカの小児医学者ブラゼルトン博士が開発し 1973年に発表した。光,ベル,ガラガラなど外部刺激,環境に対する反応の速さ,強さ,注意力がどれだけ持続するか,また適応能力や精神の安定度を採点し新生児の発達結果を予測する。種々の研究に活用されその有用性は確実なものとなってきた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android