新章文子(読み)しんしょう ふみこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新章文子 しんしょう-ふみこ

1922- 昭和後期-平成時代の推理作家。
大正11年1月6日生まれ。宝塚少女歌劇団にはいり,昭和18年退団。童話少女小説執筆をへて,34年「危険な関係」で江戸川乱歩賞。つづく「バック・ミラー」「(や)ける」などで女性心理のあやをえがく。易学にもくわしく,46年「四柱推命入門」を刊行。京都出身。京都府立第一高女卒。本名は中島光子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android