コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

少女小説 ショウジョショウセツ

2件 の用語解説(少女小説の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょうじょ‐しょうせつ〔セウヂヨセウセツ〕【少女小説】

少女を対象として書かれた小説。少女向けの小説。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

少女小説
しょうじょしょうせつ

児童文学の一ジャンル児童文学を文学的児童文学と大衆的児童文学に大別した場合、後者に属し、とくに少女を読者対象に書かれた作品群をいう。少女小説は、歴史的には、前近代的モラルや生き方を要求された少女を主人公に、少女読者特有の好みであるセンチメンタリズムに彩られ、独自の内容と世界をつくりあげた。初め北田薄氷(うすらひ)らにより『少年世界』などの少年雑誌に掲載されていたが、『少女界』(1902)、『日本の少女』(1905)、『少女世界』(1906)、『少女の友』(1908)など相次ぐ少女雑誌の創刊により、隆盛の道を歩み始めた。吉屋信子(よしやのぶこ)の『花物語』が『少女画報』に発表されたのは1916年(大正5)であった。少女小説の最高傑作といわれるこの作品は、短編連作形式で、一輪の花に託して、青春前期の少女たち特有の繊細さと、優しさと、感傷性をない交ぜにして、特殊な感覚的少女の世界を描いて大人気を博した。吉屋信子は、その後も『七本椿(つばき)』『紅雀(べにすずめ)』『からたちの花』など数多くの少女小説を発表し、代表的作家となった。そのほか、『嵐(あらし)の小夜曲(セレナード)』(1930)の横山美智子(みちこ)、『絹糸の草履(ぞうり)』(1931)の北川千代をはじめとして、徳永寿美子(すみこ)、由利聖子(ゆりせいこ)、平井晩村(ばんそん)、長田幹彦(ながたみきひこ)、西条八十(やそ)らが、少女小説独自の華麗な世界を展開した。
 第二次世界大戦以後は、『少女フレンド』(1962)、『マーガレット』(1963)など少女漫画週刊誌が創刊され、少女小説は台頭したコミックのなかに吸収されていった。その間、吉田としは『あした真奈(まな)は』(1964)、『愛のかたち』(1969)などの作品を発表し、多くの読者を得た。現在は、ジュニア小説として形をとどめてはいるものの、全体的には力がなく、青春小説の富島健夫(たけお)や、ユーモア・ミステリーのジャンルで赤川次郎、辻真先(つじまさき)らが固有の読者をつかんでいる。[二上洋一]
『加太こうじ・上笙一郎編『児童文学への招待』(1965・南北社) ▽渋沢青花著『大正の「日本少年」と「少女の友」』(1981・千人社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

少女小説の関連情報