コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新綿番船 しんめんばんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新綿番船
しんめんばんせん

江戸時代,毎年秋に収穫された新綿を,菱垣廻船が競争で大坂から江戸へ輸送した年1度の行事。遅くも江戸十組問屋が成立した元禄7 (1694) 年の数年後から始められ,大坂の菱垣廻船問屋がそれぞれ1隻ずつ仕立てた菱垣廻船で同時に安治川口を出帆し,浦賀到着の順位で勝敗を決めた。1着になった廻船には,船頭以下に賞金と翌年の番船仕立ての際,優先的に積荷ができるという特権が与えられた。当初は通常の菱垣廻船が大坂-江戸間を平均 30日程度で航海していたから,レースの番船でもかなりの日数を要したようであるが,幕末期になると,5日前後で走破するようになり,最高では 48時間という快記録がある。このレースは大坂や江戸の人々の人気を呼び,その勝敗に対して賭けが行われたほどであった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の新綿番船の言及

【番船】より

…当時の人々はこのレースに賭をし,人気を集めた年中行事であった。綿の場合は新綿番船といって,大坂菱垣廻船問屋によって菱垣廻船が仕立てられ,酒の場合は新酒番船と称して,大坂・西宮の樽廻船問屋によって樽廻船が仕立てられた。その始まりは,新綿番船は遅くとも元禄年間(1688‐1704)と推定され,新酒番船も樽廻船が菱垣廻船から分離独立した1730年(享保15)以前に行われていた。…

※「新綿番船」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

新綿番船の関連キーワード新酒番船

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android