コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新興国市場 しんこうこくしじょうemerging market

知恵蔵の解説

新興国市場

経済発展の初期にあって成長率が高いアジア、東欧ラテン・アメリカなどの国々の証券市場を指す。代表的なものは、BRICsと呼ばれるブラジルロシアインド、中国の市場。いずれも高い経済成長率を誇り、世界中から投資資金を集めた。しかし、規模や制度面などから見るとまだ全体的に未熟な段階の市場が多い。また国内に十分な投資家層が育っておらず、規模が比較的小さい市場も多い。このため、海外からの資金の流入流出で大きく株価が変動するリスクがあり、先進国の経済動向や金融情勢に影響を受けやすいという脆弱(ぜいじゃく)さが指摘されている。

(熊井泰明 証券アナリスト / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しんこうこく‐しじょう〔‐シヂヤウ〕【新興国市場】

投資や貿易によって急激な経済成長を続ける新興国の市場。中南米・東アジア・BRICSなどの国や地域の、金融市場・労働市場など。エマージングマーケット
特に、新興国の株式市場のこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

新興国市場の関連キーワードリバース・イノベーションWindows 7ウィンドウズ7ペトロ・カナダアジア通貨危機武田薬品工業繊維機械工業エマージング楽器製造業産業空洞化マーケット経済発展新興市場サイボス中南米スズキ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新興国市場の関連情報