コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新語・流行語大賞 しんご・りゅうこうごたいしょう

知恵蔵miniの解説

新語・流行語大賞

日本で一年間に話題となった新語・流行語を選び、その言葉に関わった個人・団体などを表彰する賞。1984年より毎年行われている。当初は『現代用語の基礎知識』(自由国民社)が「新語部門」「流行語部門」に分けて選考していたが、94年より両部門が合体。2003年からは株式会社日本通信教育連盟との提携となり、04年より、現代用語の基礎知識選「ユーキャン新語・流行語大賞」に改称された。大賞獲得語は、まるきん まるび(1984年)、オバタリアン(89年)、同情するならカネをくれ(94年)、マニフェスト(2003年)、小泉劇場(05年)、アラフォー(08年)、なでしこジャパン(11年)、ワイルドだろぉ(12年)などがある。

(2012-12-5)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

新語・流行語大賞の関連キーワード安心してください、穿いてますよ。ステルスマーケティングファストファッショントリクルダウン理論日本エレキテル連合マウンティング女子アベ政治を許さないお・も・て・な・しツイッター用語集ダークツーリズム積極的平和主義消滅可能性都市広島東洋カープテツandトモ連続テレビ小説インバウンドこじらせ女子ACジャパンじぇじぇじぇ50℃洗い

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新語・流行語大賞の関連情報