コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新谷 あらや

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新谷
にいや

愛媛県中西部、大洲(おおず)市の一地区。矢落(やおち)川に沿う。1623年(元和9)に大洲藩6万石から1万石を分知された新谷藩が1642年(寛永19)に陣屋を置いた地。陣屋跡をはじめ土塀や古い屋敷に昔のおもかげを残している。水田地帯が広がり酒造業も行われる。稲荷山(いなりやま)公園は紅葉の名所。国道56号が通じ、JR内子(うちこ)線新谷駅がある。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

新谷の関連キーワード高知県高岡郡四万十町津賀クレオパトラD.C.愛媛県大洲市新谷町岩手県遠野市小友町海上交通安全法カーネーション谷村 まち子ガッコの先生宇都宮 竜山新谷 伊三郎折登 如月三川[村]井上 延年加藤 泰令新谷あやかエリア88桂 さん福碧川好尚加藤泰賢加藤泰貫

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新谷の関連情報