コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲荷山 いなりやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

稲荷山
いなりやま

長野県北部,千曲市更埴地区の中心市街地の一つ。旧町名。 1959年近隣町村と合体して更埴市となった。千曲川左岸,篠山の山麓部を占め,北国西街道 (善光寺街道) が猿ヶ馬場峠を越えて長野盆地に入る玄関口にあたり,明治末期までは長野市と並ぶ商業勢力をもっていた。篠ノ井線の開通や長野市の発展で寂れたが,往時をしのばせる土蔵造り商家が軒を連ねている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いなり‐やま【稲荷山】

京都市伏見区、東山丘陵南端の山。標高239メートル。西麓に稲荷神社がある。[歌枕]
「―みな見し人をすきずきに思ふ思ふと知らせてしかな」〈曽丹集

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

稲荷山

宮城県岩沼市、作間屋菓子舗が製造・販売する銘菓粒餡をカステラ生地ではさんだもの。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

いなりやま【稲荷山】

京都市伏見区、東山丘陵南端の山。西麓に稲荷神社がある。海抜237メートル。⦅歌枕⦆ 「 -やしろの数を人とはばつれなき人をみつとこたへむ/拾遺 雑恋

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

稲荷山
いなりやま

長野県千曲(ちくま)市の一地区。合併による千曲市成立(2003年)以前は更埴(こうしょく)市の一地区。旧稲荷山町。千曲川左岸にあり、明治年間まで県下の一大商店街をなし、いまもそのおもかげが残っている。稲荷山温泉もある。しなの鉄道屋代(やしろ)駅からバス5分。[小林寛義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の稲荷山の言及

【更埴[市]】より

…長野県北部,長野盆地南端にある市。1959年更級(さらしな)郡稲荷山町,八幡村と埴科(はにしな)郡埴生(はにゆう)町,屋代町が合体,市制。千曲川をはさんで相対した両郡名から1字ずつとって市名とした。…

※「稲荷山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

稲荷山の関連キーワード乎〓(“獣へん”に「隻」)居茨城県かすみがうら市安食江田船山古墳出土大刀銘東京都練馬区土支田埼玉県狭山市稲荷山愛知県豊川市平井町千曲市ふる里漫画館高ヶ坂石器時代遺跡長野県千曲市稲荷山ぼくの・稲荷山戦記キツネ山の夏休み群馬県藤岡市白石茨城県潮来市潮来滋賀県高島市鴨獲加多支鹵大王狭山市立博物館年号入りの刀剣銘文入り刀剣類宮城県岩沼市伏見稲荷大社

稲荷山の関連情報