コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新農村地域工業導入促進法 しんのうそんちいきこうぎょうどうにゅうそくしんほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新農村地域工業導入促進法
しんのうそんちいきこうぎょうどうにゅうそくしんほう

農業経営の規模拡大を図るためには,農家の労働力を農外産業へ吸収する必要があるが,そのための工業を農村へ誘致する目的で 1971年に成立した法律。しかし企業の多くは相対的に低賃金で,しかも女性労働力を目的としたものも少なくないため兼業化を促進することにもなり,農家所得は増大したものの,急激な農業の規模拡大は進まなかった。 89年に改正された新法では,輸送関連業種など対象業種が拡大され,税制,金融上の優遇措置がとられることとなっているが,農家の農業収入が減少する中で,地域振興における期待は大きい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

新農村地域工業導入促進法の関連キーワード農業経営

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android