コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新法 シンポウ

2件 の用語解説(新法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しん‐ぽう〔‐パフ〕【新法】

新しく定められた法令。新法令。
北宋神宗の時、宰相の王安石が制定した法令。国力増強を目的とし、効果を上げたが、大地主・官僚・豪商らの保守派(旧法党)と対立し、政争の種となった。
新しい方法。新しいやり方。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しんぽう【新法】

新しく公布された法令。 ↔ 旧法
新しく作られた方法。
中国北宋、神宗のとき、宰相王安石が富国強兵策推進のため制定した諸法令。その結果、財政は一時好転をみたが、大地主・大商人・保守派官僚(旧法党)の強い反対を受けて挫折、王安石は宰相を辞任。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の新法の言及

【王安石】より

…67年(治平4)気鋭の青年皇帝神宗が即位すると,中央から離れていて名声の高かった王安石を登用し,抜本的な改革を行わせた。 69年(熙寧2)副宰相,ついで宰相となった王安石は,新法と呼ばれる諸政策をつぎつぎと発布した。青苗,募役,保甲,市易など十指にあまる新法は,財政の運用を改善し,大地主や豪商の収奪を抑え,健全な中産階級を育成するための新しい政策をふんだんに盛りこんでいた。…

【新法党】より

…中国,北宋神宗の熙寧2年(1069)から,宰相王安石によって実施された革新政策すなわち新法を支持した一派。江南先進経済地域の出身者や,中小地主・商人の利益代表が多く,相対的に進歩的であった。…

【宋】より

…このような危局に即位した神宗は,王安石を抜擢(ばつてき)して,大規模な改革を行わせた。これを王安石の新法とよぶ。改革の第一の目的は,破綻した国家財政を立て直すことにあったが,従来のような重税と節減といった単純な施策では,もはや解決できない状態になっていた。…

※「新法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新法の関連情報