コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新邦楽 しんほうがく

大辞林 第三版の解説

しんほうがく【新邦楽】

昭和初期ないし中期の新作邦楽曲の総称。大正期発生の「新日本音楽」よりも多様化したため、区別の必要上この名称が生じた。類語の「創作邦楽」などよりも洋楽の影響が著しい。昭和30年代後半からは、これに代わって「現代邦楽」の称が一般化した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の新邦楽の言及

【新日本音楽】より

…また中能島欣一などの異なる傾向の創作活動が台頭し,清水脩らの洋楽系の作曲家の参加も見られるようになる。それとともに,〈新邦楽〉ということばも用いられるようになった。 第2次世界大戦後は,新しい邦楽の創作活動をすべて〈新邦楽〉の名で呼ぶことも行われ,〈新日本音楽〉もその中に包含されてしまった。…

※「新邦楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

新邦楽の関連キーワード星田 一山(1代目)星田 一山(初代)星田一山(初代)大和 美世葵杵屋 正邦菊井 松音菊原 琴治大和美代葵新日本音楽現代邦楽十七弦大和楽一般化箏曲総称洋楽類語区別中期

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新邦楽の関連情報