コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現代邦楽 げんだいほうがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

現代邦楽
げんだいほうがく

おもに日本の伝統的な楽器の使用を前提として作られた現代の音楽。箏,尺八などの独奏曲,各種邦楽器のアンサンブル,大編成の合奏,歌が入るもの,邦楽器を中心としたオペラ,洋楽やジャズなど他種の楽器や,電子音や電気的操作を加えた音などを含む場合など,各種の形がある。邦楽器の改造や邦楽器の特徴をもった新楽器の製作も行われている。明治以後箏曲などに洋楽の影響が現れ始めたが,大正時代に宮城道雄が大胆に洋楽を取入れた作品を作り新日本音楽運動を起した。昭和に入ると,中能島欣一らがアジア諸民族の音楽を取入れるなど新しいタイプの作品を作り,新邦楽と呼ばれた。第2次世界大戦後,特に 1957年以後は間宮芳生武満徹諸井誠三木稔ら洋楽系の作曲家の作品が多くなり,「邦楽4人の会」「日本音楽楽団」などの演奏団体が活躍し,邦楽各流派,洋楽,邦楽の別をこえた新しいタイプの音楽が作られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の現代邦楽の言及

【新日本音楽】より

… 第2次世界大戦後は,新しい邦楽の創作活動をすべて〈新邦楽〉の名で呼ぶことも行われ,〈新日本音楽〉もその中に包含されてしまった。さらに昭和30年代の後半以降には〈現代邦楽〉ないし〈現代の日本音楽〉ということばが生まれ,単なる邦楽器による新作活動ではなく,日本音楽の伝統性・民族性を重視しつつも,むしろ伝統楽器ないし伝統音楽の新しい可能性を追求して現代的な意義を見いだそうとすることが目的とされるようになった。ひいては邦楽・洋楽の区別をこえて,新しい現代音楽の創造の一環として位置づけられるにいたり,〈新日本音楽〉は,歴史上の一時期の所産とのみみられるようになった。…

【箏曲】より

…大正から昭和初期にかけて,東京に進出した宮城道雄や米川親敏(ちかとし)(琴翁)らは,洋楽の技法をも取り入れた創作活動を展開,とくに宮城を中心とする派は,〈新日本音楽〉と称して,単に箏曲のみならず,邦楽全体の新創造を目標とし,以後,箏曲を中心とする創作活動はきわめて活発となり,山田流箏曲家でも,中能島欣一などきわめて現代的な作品を作る者が多くなるとともに,洋楽の作曲家も,箏の作品を書くようになる。現代では,〈現代邦楽〉と呼ばれる創作の一つとしても,箏曲が存在する。 明治以降,箏曲と地歌とは家庭音楽として普及し,盲人以外,とくに女子の専業者も多くなった。…

※「現代邦楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

現代邦楽の関連キーワード杵屋六左衛門(11代)常磐津文字兵衛(4世)酒井 竹保(2代目)清元斎兵衛(初代)富士田吉次(初代)今藤長十郎(3世)山本邦山(2代)山勢松韻(3代)杵屋 小佐吉杵屋 正邦鈴木 鼓村松本 雅夫沢井 忠夫小野 衛唯是震一多 忠麿広瀬量平三味線清元節十七弦

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android