コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新開寛山 しんかい かんざん

2件 の用語解説(新開寛山の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

新開寛山

陶芸家。明治45年(1912)京都生。美術院賞。日展参事。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新開寛山 しんかい-かんざん

1912- 昭和-平成時代の陶芸家。
明治45年4月21日生まれ。昭和7年から5代清水(きよみず)六兵衛に師事。象眼や釘(くぎ)彫りなど多彩な技法を駆使し,独自の作風を確立した。49年「群韻花瓶」で日展文部大臣賞,55年「玄鳥」で芸術院賞。56年日展理事,平成4年同参事。京都出身。京都市立美術工芸学校卒。本名は邦太郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

新開寛山の関連キーワード光の科学史バーブ明治天皇大正バルカン戦争数奇伝金栗四三タイタニック号南極ケズウィック

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone