コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新開寛山 しんかい かんざん

2件 の用語解説(新開寛山の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

新開寛山

陶芸家。明治45年(1912)京都生。美術院賞。日展参事。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新開寛山 しんかい-かんざん

1912- 昭和-平成時代の陶芸家。
明治45年4月21日生まれ。昭和7年から5代清水(きよみず)六兵衛に師事。象眼や釘(くぎ)彫りなど多彩な技法を駆使し,独自の作風を確立した。49年「群韻花瓶」で日展文部大臣賞,55年「玄鳥」で芸術院賞。56年日展理事,平成4年同参事。京都出身。京都市立美術工芸学校卒。本名は邦太郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

新開寛山の関連キーワード鈴木治塚本快示宇野宗甕大塩正義河合誓徳川尻一寛三輪休雪(12代)秋山陽寺池静人

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone