コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新開寛山 しんかい かんざん

美術人名辞典の解説

新開寛山

陶芸家。明治45年(1912)京都生。美術院賞。日展参事。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新開寛山 しんかい-かんざん

1912- 昭和-平成時代の陶芸家。
明治45年4月21日生まれ。昭和7年から5代清水(きよみず)六兵衛師事象眼や釘(くぎ)彫りなど多彩な技法を駆使し,独自の作風を確立した。49年「群韻花瓶」で日展文部大臣賞,55年「玄鳥」で芸術院賞。56年日展理事,平成4年同参事。京都出身。京都市立美術工芸学校卒。本名は邦太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

新開寛山の関連キーワード牧野省三[各個指定]工芸技術部門白瀬矗光の科学史ヤマサキバーブ明治天皇大正准州ジゴマ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android