方銭・方泉(読み)ほうせん

精選版 日本国語大辞典「方銭・方泉」の解説

ほう‐せん ハウ‥【方銭・方泉】

〘名〙
① 昔、朝服などに用いた革帯の飾りの具。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
方形。仙台通宝のこと。
※草茅危言(1789)六「仙台にて濫悪の方銭を鋳出す事願れ官許有しより」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android