コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草茅危言 そうぼうきげん

3件 の用語解説(草茅危言の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

草茅危言
そうぼうきげん

江戸時代後期の儒学者中井竹山が平常の意見をまとめて,寛政1 (1789) 年松平定信に提出した文書。 10巻。国家制度,参勤交代,諸侯分地,諸侯大借,外船互市,水利,金銀幣,銭幣,物価,常平倉,社倉,戸口,養老,窮民,米相場,寺社富,米仲仕,中馬方仲仕,身上限などを取上げて論じている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そうぼうきげん【草茅危言】

江戸中期,大坂の儒者中井竹山の著。5巻。1789年(寛政1)成立。老中松平定信近畿巡検の際諮問をうけ,幕藩体制下の政治,経済,社会等の諸問題に関し答申した65項目の意見書。題名は〈在野人の直言〉を意味する。王室制度,参勤交代・国替など武家制度,教育,貨幣,物価,福祉,治安問題などに合理的な提言を述べ,冗費の節倹,秩序の維持,風教の振興を図り,寛政改革に影響を与えたという。【水田 紀久】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

草茅危言
そうぼうきげん

江戸後期の儒学者中井竹山(ちくざん)の著作。5巻。1788年(天明8)、時の大老松平定信の諮問(しもん)に応じて書いたもので、翌1789年(寛政1)に一部を脱稿して献上、91年に全巻を脱稿した。内容は、王室、国家制度、参勤交代、国替(くにがえ)、諸侯大借、御麾下(きか)、外舶互市、朝鮮、琉球(りゅうきゅう)、蝦夷(えぞ)、金銀幣(へい)、水利、物価、常平倉(じょうへいそう)、社倉、戸口、窮民、米相場、寺社富(とみ)、米仲仕(なかし)、町中馬方仲仕、捨子、身上限などで構成されており、幕藩制の本質にかかわる政治・経済・社会政策など経世上の諸問題が多岐にわたって建策されている。なかでも特徴的なのは、広く一般庶民の生活に言及していることである。これは、竹山が大坂町人の学塾懐徳堂(かいとくどう)で長く教えていた経験に基づくものである。[上田 穣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone