草茅危言(読み)そうぼうきげん

日本大百科全書(ニッポニカ)「草茅危言」の解説

草茅危言
そうぼうきげん

江戸後期の儒学者中井竹山(ちくざん)の著作。5巻。1788年(天明8)、時の大老松平定信の諮問(しもん)に応じて書いたもので、翌1789年(寛政1)に一部を脱稿して献上、91年に全巻を脱稿した。内容は、王室、国家制度、参勤交代、国替(くにがえ)、諸侯大借、御麾下(きか)、外舶互市、朝鮮、琉球(りゅうきゅう)、蝦夷(えぞ)、金銀幣(へい)、水利、物価、常平倉(じょうへいそう)、社倉、戸口、窮民、米相場、寺社富(とみ)、米仲仕(なかし)、町中馬方仲仕、捨子、身上限などで構成されており、幕藩制の本質にかかわる政治・経済・社会政策など経世上の諸問題が多岐にわたって建策されている。なかでも特徴的なのは、広く一般庶民の生活に言及していることである。これは、竹山が大坂町人の学塾懐徳堂(かいとくどう)で長く教えていた経験に基づくものである。

[上田 穣]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

四字熟語を知る辞典「草茅危言」の解説

草茅危言

民間にあるものが政治を鋭く批判する、苦言を呈すること。

[解説] 「草茅」は「くさ」と「かや」で、転じて民間在野という意味。「危言」の「」は激しいという意味で、激しい苦言、または、身の危険を恐れずに強くいさめることをいいます。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「草茅危言」の解説

草茅危言
そうぼうきげん

江戸時代後期の儒学者中井竹山平常の意見をまとめて,寛政1 (1789) 年松平定信に提出した文書。 10巻。国家制度,参勤交代,諸侯分地,諸侯大借,外船互市,水利金銀幣銭幣物価,常平倉,社倉,戸口養老,窮民,米相場,寺社富,米仲仕,中馬方仲仕,身上限などを取上げて論じている。荻生徂徠の『政談』,太宰春台の『経済録』と並び称される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「草茅危言」の解説

そうぼうきげん【草茅危言】

江戸中期,大坂の儒者中井竹山の著。5巻。1789年(寛政1)成立。老中松平定信近畿巡検の際諮問をうけ,幕藩体制下の政治,経済,社会等の諸問題に関し答申した65項目の意見書。題名は〈在野人の直言〉を意味する。王室制度,参勤交代・国替など武家制度,教育,貨幣,物価,福祉,治安問題などに合理的な提言を述べ,冗費の節倹,秩序の維持,風教の振興を図り,寛政改革に影響を与えたという。【水田 紀久】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android