コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仙台通宝 せんだいつうほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仙台通宝
せんだいつうほう

江戸時代,仙台藩領内通用を目的として,天明4 (1784) 年幕府の許可のもとに鋳造した貨幣。角を落した形から撫角銭 (なでかくせん) などと呼ばれた。公鋳の寛永銭 (→寛永通宝 ) と同格の1文通用であったが,価値の下落が著しく,同8年に鋳造を中止。領内限り通用のものであったが,他領にも流出して,全国各地でみられるようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せんだい‐つうほう【仙台通宝】

仙台藩が、天明4~8年(1784~1788)の期間、江戸幕府の許可を得て石巻で鋳造し、領内に限定して流布させた撫角(なでかく)形の鉄銭

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

仙台通宝の関連キーワード佐藤卯兵衛江戸時代五当銭