革帯(読み)カクタイ

  • かわおび〔かは〕
  • 革帯/皮帯

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 牛の革製の帯。男子の朝服用の革帯は黒漆塗りとし、銙(か)と呼ぶ飾りを並べ連ねて銙帯(かたい)ともいう。また銙の材質により金帯(きんたい)、銀帯、玉帯(ぎょくたい)、石帯(せきたい)などという。かわおび。
※続日本紀‐和銅五年(712)五月壬申「癸酉。禁六位已下以白銅及銀革帯

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の革帯の言及

【帯】より

…帯の位置によって上半身と下半身のプロポーションが定まるばかりでなく,これに装飾をほどこすことによって服装全体の美的感覚を強調する効果がある。
【中国古代の帯】
 古代中国には朝廷の公式儀礼服に用いる大帯(だいたい)と革帯(かくたい)があった。大帯は紳(しん)とも呼ばれるやわらかい絹の帯で,主として祭服および女子の礼服用とされた。…

【束帯】より

…これは690年(持統4)以来のいわゆる白袴である。袍の上から革帯(かくたい)を締めるが,石帯とか玉帯といわれ,後ろ腰に当たる部分に石や玉の飾りがついている。履に数種あり,浅沓(あさぐつ)は平常用とし,靴(か)は儀式や行事に,深沓は雨泥の日に,半靴(ほうか)は乗馬のとき,挿鞋(そうかい)は天皇が殿上ではく沓,糸鞋(しかい)は幼童や舞楽に用いられる。…

※「革帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android