コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

施肥改善事業 せひかいぜんじぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

施肥改善事業
せひかいぜんじぎょう

水稲に対する施肥指針を確立する目的で 1953年から約 10年間行われた事業。土壌調査,灌漑水調査,施肥実態調査などが行われ,水田土壌に対して 11群 51類型区分およびこれを図示単位として土壌図および説明書がつくられた。これで土壌改良および施肥などの具体的な対策が立てられるようになった。水田面積のなかばに達する調査を終了した 63年以降は地力保全基本調査に統合された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android