コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土壌調査 どじょうちょうさsoil survey

世界大百科事典 第2版の解説

どじょうちょうさ【土壌調査 soil survey】

ある広がりをもつ地域について,野外での土壌の形態的性質の調査と室内での理化学的性質の分析とによって,地域内に出現する土壌を一定の分類方式に従って分類し,それぞれの土壌の分布範囲を示す土壌図を作成する一連の作業をいう。土壌資源の合理的な利用・管理,改良・保全に資することを目的として実施される。野外調査に先立ち,地形図や空中写真,さらに地質図,土地利用図などをよりどころにして,地形・地質・植生,土地利用などの違いをまんべんなくカバーするよう調査予定地点をきめる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土壌調査
どじょうちょうさ
soil survey

土壌の成因を求めて垂直断面形態を観察したり、耕地土壌の肥沃(ひよく)性を判断するために土壌の理化学性を現地で判定するなどの作業を土壌調査という。すなわち、目的に応じて調査項目はさまざまであるが、1メートルの深さの試坑をつくり、視覚、触覚、ときには味覚も加えて垂直断面の各部を観察、記載し、分析実験のための試料を各層位から採取するのが基本的調査の方法である。まず垂直断面をみて、色、構造(割れ目に注目)、植物根の入り方、母材の地質(岩盤か、砂礫(されき)か、火山灰層か)の上下方向の変わり方を観察し、比較的にそれらの性状が急変する部分に水平方向の境界線を引いて層位の区別をする。各層位ごとにやや詳細に色(色相、明度、彩度を土色帳と照合して記載)、土性(指先の触覚で)、湿り気、粘性、堅さなどを観察する。火山灰起源であるかどうかの判定のために活性アルミニウムテストを行う場合もある。水田土などグライ性土壌と思われるときには、亜酸化鉄やマンガンの存在を検する簡易定性分析を併用し、斑鉄(はんてつ)やマンガン結核の有無と程度を観察する必要がある。
 土壌断面とその下層の母材、母岩地質を崖(がけ)の露頭で調べることもたいせつであり、調査地点の密度を高めるため、または露頭や試坑の観察が不可能な場合には、1メートルないし1.5メートルの検土杖(じょう)を用いて簡易ボーリングを行う。[浅海重夫・渡邊眞紀子]
『日本ペドロジー学会編『土壌調査ハンドブック』改訂版(1997・博友社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

土壌調査の関連キーワードグリンカ(Konstantin Dmitrievich Glinka)C.フレッチャー マーバットダイセキ環境ソリューションコンスタンチン グリンカ昭石エンジニアリングバイキング計画朝日エティック施肥改善事業地力保全事業小林房次郎ベックマン川村 一水マーバット嫦娥3号グリンカ土壌層位クリタス鴨下寛服部学

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

土壌調査の関連情報