施設基準[公害防止](読み)しせつきじゅん[こうがいぼうし]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「施設基準[公害防止]」の解説

施設基準[公害防止]
しせつきじゅん[こうがいぼうし]

公害防止を実現させるために発生源の施設に対して課される一定の基準。大気汚染物質を排出する施設,地下水の揚水施設などに対し,公害防止のため法令により一定の構造基準を定め,あるいは公害除去装置の取付けを義務づけることがある。粉塵発生施設防塵カバーフィルタなどの構造,地下水揚水施設のストレーナーの位置,煤塵発生施設への集塵機取付けの義務,炭化水素の蒸発防止設備設置の義務づけなどがその例である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android