旅券不携帯(読み)りょけんふけいたい

知恵蔵miniの解説

旅券不携帯

出入国管理及び難民認定法の第75条、第76条が定める罰則行為の通称。同法では、日本に在留する外国人は旅券(パスポート)または各種許可書を携帯し、入国審査官入国警備官警察官海上保安官などから要求があった場合には、これを提示しなければならないと定められている。この規定に違反した者は刑事罰の対象となり、10~20万円以下の罰金が科せられる。ただし、特別永住者、16歳未満の者、在留カードを携帯する中長期在留者には旅券の携帯義務は課されないため、対象外となる。

(2015-9-2)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

旅券不携帯の関連情報