旅籠磯巾着(読み)ハタゴイソギソチャク

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

旅籠磯巾着 (ハタゴイソギソチャク)

学名:Stoichactis kenti
動物。ハタゴイソギンチャク科の海産動物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はたご‐いそぎんちゃく【旅籠磯巾着】

〘名〙 ハタゴイソギンチャク科の刺胞動物。奄美諸島以南のサンゴ礁にすむ。大形のものでは口盤が直径三〇~六〇センチメートルになる。口盤は赤褐色で周囲は橙色をし、数個のひだがあり、その上に灰色または褐色の多数の短い触手が密生する。小形魚のクマノミなどが共生することで知られる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android