既の事(読み)スッテノコト

デジタル大辞泉「既の事」の解説

すって‐の‐こと【既の事】

[副]《「すでのこと」の変化した語》もう少しのところで。すんでのこと。
「おのれが事で今も今、親父様達が―に切っつ、っつ」〈双蝶蝶

すんで‐の‐こと【既の事/×已の事】

[副]《「すでのこと」の撥音添加》「すんで」に同じ。「―で忘れるところだった」「―に事故を起こすところだった」

すで‐の‐こと【既の事】

[副]もう少しのところで。すんでのこと。
「―にわしが買ふところぢゃあったわいの」〈膝栗毛・八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android