コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

既の事 スッテノコト

デジタル大辞泉の解説

すって‐の‐こと【既の事】

[副]《「すでのこと」の変化した語》もう少しのところで。すんでのこと。
「おのれが事で今も今、親父様達が―に切っつ、拊(は)っつ」〈浄・双蝶蝶

すで‐の‐こと【既の事】

[副]もう少しのところで。すんでのこと。
「―にわしが買ふところぢゃあったわいの」〈滑・膝栗毛・八〉

すんで‐の‐こと【既の事/×已の事】

[副]《「すでのこと」の撥音添加》「既(すんで)に」に同じ。「―で忘れるところだった」「―に事故を起こすところだった」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すってのこと【既の事】

( 副 )
すんでのこと」に同じ。 「親父様達が-に切つつ拊つつ/浄瑠璃・双蝶蝶」

すんでのこと【既の事】

( 副 )
(多く「すんでのことに」「すんでのことで」の形で)好ましくない事態を最後の段階で回避したさま。もう少しのところで。あやうく。「すんでのところで」の形でも用いる。 「 -で車にぶつかるところだった」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報