コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日具 にちぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日具 にちぐ

1423-1501 室町-戦国時代の僧。
応永30年生まれ。日蓮宗。京都妙本寺(妙顕寺)の月明(がつみょう)に師事し,18歳で同寺6世をつぐ。24歳ごろ備中(びっちゅう)野山の境智寺に退隠した。明応6年吉田兼倶(かねとも)からの日蓮宗の三十番神勧請(かんじょう)についての質疑にこたえ,兼倶を感嘆させたという。明応10年2月12日死去。79歳。安芸(あき)(広島県)出身。字(あざな)は胆山。号は寒松軒。著作に「澗亭函底鈔」「義山致谷集」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日具の関連キーワード日真(1)戦国時代日真

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日具の関連情報