文亀(読み)ブンキ

大辞林 第三版の解説

ぶんき【文亀】

年号(1501.2.29~1504.2.30)。明応の後、永正の前。後柏原天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

ぶんき【文亀】

日本の元号(年号)。室町時代(戦国時代)の1501年から1504年まで、後柏原(ごかしわばら)天皇の代の元号。前元号は明応(めいおう)。次元号は永正(えいしょう)。1501年(明応10)2月29日改元。後柏原天皇の即位にともない行われた(代始改元)。また、1501年が辛酉革命(しんゆうかくめい)の年にあたることも改元の理由とされた(革年改元)。『爾雅(じが)』を出典とする命名。文亀年間の室町幕府の将軍は足利義澄(よしずみ)(11代)。1493年(明応2)に細川政元(まさもと)により第10代将軍足利義材(よしき)(後に足利義稙(よしたね))が追放され、従弟の義澄が政元や日野富子により第11代将軍に擁立された。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぶんき【文亀】

戦国時代、後柏原天皇の代の年号。明応一〇年(一五〇一)二月二九日に改元、文亀四年(一五〇四)二月三〇日に至って次の永正(えいしょう)となる。出典は「爾雅‐釈魚」の「一曰神亀、二曰霊亀、三曰摂亀、四曰宝亀、五曰文亀」。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android