コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文亀 ブンキ

デジタル大辞泉の解説

ぶんき【文亀】

室町後期、後柏原天皇の時の年号。1501年2月29日~1504年2月30日。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶんき【文亀】

年号(1501.2.29~1504.2.30)。明応の後、永正の前。後柏原天皇の代。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の元号がわかる事典の解説

ぶんき【文亀】

日本の元号(年号)。室町時代戦国時代)の1501年から1504年まで、後柏原(ごかしわばら)天皇の代の元号。前元号は明応(めいおう)。次元号は永正(えいしょう)。1501年(明応10)2月29日改元。後柏原天皇の即位にともない行われた(代始改元)。また、1501年が辛酉革命(しんゆうかくめい)の年にあたることも改元の理由とされた(革年改元)。『爾雅(じが)』を出典とする命名。文亀年間の室町幕府の将軍は足利義澄(よしずみ)(11代)。1493年(明応2)に細川政元(まさもと)により第10代将軍足利義材(よしき)(後に足利義稙(よしたね))が追放され、従弟の義澄が政元や日野富子により第11代将軍に擁立された。

出典|講談社日本の元号がわかる事典について | 情報

文亀の関連キーワード文亀ルターの家九戸城不登校児童生徒数四度の宗論妙喜庵明応オールチャー壁草アセンション[島]

文亀の関連情報