妙顕寺(読み)みょうけんじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

妙顕寺
みょうけんじ

京都市上京区にある寺。日蓮宗四大本山の一つ。具足山竜華院。嘉暦1 (1326) 年日像開創。京都における日蓮宗最初の道場。建武1 (34) 年後醍醐天皇勅命により,祈願所となり大いに栄えたが,しばしば比叡山僧徒の圧迫を受け,移転数度,天正 11 (1583) 年豊臣秀吉の命によって現地に移建。現在の堂は天保5 (1834) 年の再建。日蓮の持仏,『黄金釈迦如来像』を本尊とし,本堂,祖師堂など壮大な伽藍を有する。境内に尾形光琳の墓がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みょうけんじ【妙顕寺】

京都市上京区にある日蓮宗の大本山。具足山と号し,一般には顕山(けんざん),竜華(りゆうげ),四海唱導の寺と通称される。京都ではじめて日蓮宗を布教して洛陽開山と尊称された日像が,1321年(元亨1)開創。34年(建武1)後醍醐天皇の勅願寺,36年(延元1∥建武3)足利将軍家の祈禱所,37年光厳上皇の祈願所に指定され,41年(興国2∥暦応4)光厳上皇から四条櫛笥(くしげ)に1町の寺地を賜って移転するなど,建武新政から南北朝内乱に至る政局の激動期に巧みに対処し,公武の間にしだいに寺基を安定させた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

みょうけんじ【妙顕寺】

京都市上京区にある日蓮宗の寺。日蓮宗四大本山の一。山号、具足山。1321年日像の開基。京都における日蓮宗最初の寺。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

妙顕寺
みょうけんじ

京都市上京(かみぎょう)区妙顕寺前町にある日蓮(にちれん)宗の大本山。具足山(ぐそくざん)と号し、またの名を竜華(りゅうげ)という。本尊は日蓮奠定(てんてい)の木像の曼荼羅(まんだら)本尊。1321年(元亨1)日像(にちぞう)が後醍醐(ごだいご)天皇より今小路(いまこうじ)に寺地を賜り創建した。1334年(建武1)には、後醍醐天皇の綸旨(りんじ)を受け、日蓮宗最初の勅願寺となった。1341年(興国2・暦応4)光厳(こうごん)院院宣により四条櫛笥西頬(しじょうくしげにしつら)(現中京(なかぎょう)区)に移転。それ以後、当寺を四条門流という。室町時代には公武政権と密接なつながりをもつが、天文法華の乱(1536)で延暦(えんりゃく)寺衆徒(しゅと)の襲撃を受け、また織田・豊臣(とよとみ)氏の弾圧にあう。現在の建物は江戸時代に再建された。寺宝には後小松(ごこまつ)天皇宸筆(しんぴつ)御消息(2幅)、日蓮筆の強仁状御返事、神国王書(2巻)、金字法華(ほけ)経巻5(いずれも国重要文化財)がある。そのほか、日蓮自筆の玄旨伝法本尊、12巻の御書などを有する。寺域に尾形光琳(こうりん)・乾山(けんざん)兄弟の墓がある。[田村晃祐]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

みょうけん‐じ メウケン‥【妙顕寺】

京都市上京区妙顕寺前町にある日蓮宗の大本山。山号は具足山。龍華院と号する。元亨元年(一三二一)日像が開創。京都最初の日蓮宗寺院で同宗最初の勅願寺。しばしば比叡山からの迫害を受け妙本寺と改称させられたりなどしたが、妙覚寺・立本寺・妙蓮寺などを分出。所蔵する古文書類は妙顕寺文書、龍華秘書と呼ばれる。尾形光琳・乾山の墓がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の妙顕寺の言及

【日像】より

…肥後阿闍梨(あじやり),肥後房ともいう。日蓮宗を最初に京都にひろめ,京都妙顕寺開山。下総国平賀(千葉県)の豪族平賀忠晴の子。…

※「妙顕寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android