コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日真 にっしん

2件 の用語解説(日真の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

日真

没年:享禄1.3.29(1528.4.18)
生年:文安1(1444)
室町・戦国時代日蓮宗の僧。大経房という。比叡山,三井寺に遊学ののち,京都妙本寺で宗学を学ぶもそれにあきたらず,独立して四条大宮に本隆寺を創建。過激な本迹勝劣説(法華経を本門と迹門とに分け,本門を勝とする説)を唱えた。また北陸方面に伝道して,若狭(福井県)に本境寺,越前(同)に本興寺を開いた。その門流は日真門流・本隆寺派と呼ばれた。天台教学に詳しく,土御門天皇の命で書写し,文亀3(1503)年に後柏原天皇に献上された『天台三大部科註』などの著作がある。<参考文献>立正大学日蓮教学研究所編『日蓮教団全史』上

(佐藤弘夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日真
にっしん
(1444―1528)

室町時代の日蓮(にちれん)宗の僧。字(あざな)は慧光(えこう)。常不軽院(じょうふきょういん)と号する。但馬(たじま)(兵庫県)の人。比叡(ひえい)、園城(おんじょう)寺(三井(みい)寺)に遊学し、のち京都妙本寺に入ったが、しだいに本迹勝劣義(ほんじゃくしょうれつぎ)(『法華経(ほけきょう)』28品(ぽん)のうち後半14品の本門が勝り、前半14品の迹門(しゃくもん)が劣るという教義)に傾倒して貫首の日具(にちぐ)の本迹一致義を批判して寺を去り、1489年(延徳1)夏、京四条大宮に本隆寺(ほんりゅうじ)を創して住した。この法系を法華(ほっけ)宗真門(しんもん)流または本隆寺派という。その主張は、一部修行・本迹勝劣までは八品(はっぽん)派と同じであるが、八品正意を否定して本門正宗の一品二半のみを正意とし、また他の勝劣派の大半が本因下種(ほんいんげしゅ)論であるのに対して本果下種(ほんがげしゅ)論をとる点に大きな違いがある。著書には『天台三大部科註(ちゅう)』30巻など天台関係のものが多い。[浅井円道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日真の関連キーワード沙門日東祖師本化久保田日亀日具日陽日昭日真(1)日澄日典

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日真の関連情報