日日草(読み)ニチニチソウ

デジタル大辞泉の解説

にちにち‐そう〔‐サウ〕【日日草】

キョウチクトウ科の一年草。高さ30~60センチ。葉は長楕円形で、対生。夏から秋にかけ、紅紫色や白色の5弁花を開く。西インドの原産。日日花。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にちにちそう【日日草】

キョウチクトウ科の一年草。西インド原産。高さ20~50センチメートル。葉は長楕円形。7~9月、葉腋に紅紫色または白色の五弁花をつける。ビンクリスチンなどのアルカロイドを含み、全草を抗腫瘍薬として用いる。日日花にちにちか。ビンカ。 [季] 夏。 《 花の名の-の凋みけり /後藤夜半 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日日草の関連情報