コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本コムシス にっぽんコムシス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本コムシス
にっぽんコムシス

電気工事会社。 1951年,経済界・電気通信設備工事業界の有力者 21名の出資により,東京都に日本通信建設として創立。株式の額面変更のため同名の会社を設立し,吸収合併を行う。 90年,現社名に改称。 NTT指定の一級工事業者で,トップクラスの規模をもつ。電算ソフト開発では先駆的立場にある。売上構成比は,所外系工事 31%,所内系工事 34%,国内一般工事 24%,情報事業8%,海外工事4%。年間売上高 2205億 2200万円 (連結。うち海外事業4%) ,資本金 298億 3000万円,従業員数 3645名 (1999) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

日本コムシス

正式社名「日本コムシス株式会社」。英文社名「Nippon COMSYS Corporation」。建設業。昭和26年(1951)「日本通信建設株式会社」設立。平成2年(1990)現在の社名に変更。本社は東京都品川区東五反田。コムシスホールディングス子会社の通信設備工事会社。業界最大手。電話通信回線敷設・交換設備、無線中継基地局の建設などを行う。NTT・NTTドコモ向けが中心。

出典|講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

日本コムシスの関連キーワード小川ひかる

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本コムシスの関連情報