コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本一鑑 にほんいっかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本一鑑
にほんいっかん

中国,明代の日本研究書。明の鄭舜功撰。3部 16巻。嘉靖 44 (1565) 年頃成立。著者は新安 (広東省) の人で,同 34年に命を受けて倭患禁圧をはかるために日本に出使し,その見聞と倭寇対策をまとめて本書を編した。内容は豊富で,日本の地理,風俗,習俗博物などを記し,また正確でもある。特に「寄語」の項には三千四百余の語彙が収載されていて,国語史の資料としても貴重。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android