コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本一鑑 にほんいっかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本一鑑
にほんいっかん

中国,明代の日本研究書。明の鄭舜功撰。3部 16巻。嘉靖 44 (1565) 年頃成立。著者は新安 (広東省) の人で,同 34年に命を受けて倭患禁圧をはかるために日本に出使し,その見聞と倭寇対策をまとめて本書を編した。内容は豊富で,日本の地理,風俗,習俗博物などを記し,また正確でもある。特に「寄語」の項には三千四百余の語彙が収載されていて,国語史の資料としても貴重。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android