日本尊厳死協会(読み)にほんそんげんしきょうかい(英語表記)Japan Society for Dying with Dignity

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「日本尊厳死協会」の解説

日本尊厳死協会
にほんそんげんしきょうかい
Japan Society for Dying with Dignity

生前に延命医療の拒否意志成文化 (リビング・ウィル) して登録することを普及させようとしている団体。 1976年に創立した。現在世界 18ヵ国 31団体との協力体制のもとで,「の権利協会世界連合」を設立し活動を続けている。会員になると尊厳死宣言書にサインして成文化し,その写しを本人と近親者が1通ずつ所持する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android