コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本振興銀行 にほんしんこうぎんこうIncubator Bank of Japan,Limited

2件 の用語解説(日本振興銀行の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

日本振興銀行

正式名称は日本振興銀行株式会社(英文名:Incubator Bank of Japan,Limited)。2004年4月に設立され、本店を東京都千代田区に置いた。中小企業等向け融資および定期預金の受け入れを事業内容とし、金融庁の分類上は「新たな形態の銀行等」とされる。10年9月に預金保険法に基づく破綻(はたん)処理の申し出を金融庁に行い、民事再生法の申請を東京地方裁判所に行い、経営破綻した。
不良債権問題から、中小企業に対する銀行の「貸し渋り」「貸しはがし」が横行するなかで、資金繰りに苦慮する中小企業を援助する新しいタイプの銀行という名目で、日本振興銀行は設立された。その起点は、竹中平蔵元金融担当大臣の金融再生プログラムを推進するために、金融庁顧問などを務めた金融コンサルタント木村剛(後の同行社長・会長)による03年の提言に基づく。これに賛同した貸金業者や当時の東京JCメンバーなどによって準備が進められ、当時の政府の金融政策とも合致したためか、異例とも言われるほどの短期間で金融庁からの免許交付を受けた。
同行は、貸出金利は普通の銀行より高いが、「無担保」「第三者保証不要」という有利な条件で中小企業に対して融資業務を開始。同時に、一般預金者から普通の銀行よりも金利が高い定期預金を受け付けて、貸出資金にひきあてた。
その後、不良債権問題が一段落し、普通の銀行の中小企業向け融資が回復し始めると、同行の業務は手詰まりとなった。同行はこれに対して商工ローン消費者金融から貸出債権を買い取るなどの新たな業務を始めた。このころから、同行の経営に情実融資を始めとする不審点が多数散見され、09年から金融庁の立ち入り検査が行われた。その過程で、検査忌避(検査を妨害するなどの行為)による業務停止の行政処分を受け、経営が悪化して破綻を迎えた。
その結果、制度創設後初めてのペイオフが発動された。同行は「破綻しても1千万円とその利子までは国が保護する」などのうたい文句を掲げて高金利で定期預金を集めてきた経緯もあり、制度を悪用したモラルハザードだとの強い批判がある。破綻後は一部業務について預金保険機構子会社承継銀行である第二日本承継銀行に譲渡され、のちに受け皿となる民間の銀行を探す。また、不良債権については整理回収機構に譲渡される。

(金谷俊秀  ライター / 2010年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日本振興銀行

2004年4月に開業。中小企業向け融資専門の新タイプの銀行を目指した。だが、大手銀行なども中小企業向け融資に力を入れたため競争が激化し、景気低迷で中小企業の資金需要も限られたことで経営難に陥った。10年3月期決算は51億円の赤字。10年6月時点の債務超過額は1870億円、自己資本比率マイナス44.43%。預金残高は6101億円、貸出残高は4479億円。全国に約110店。金融庁顧問だった木村剛被告が開業時からかかわり、社長、会長を務めたが、今年7月、金融庁検査を妨害したとして銀行法違反の疑いで逮捕され、8月に起訴された。

(2010-09-10 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本振興銀行の関連情報