コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本渡航記 にほんとこうき

世界大百科事典 第2版の解説

にほんとこうき【日本渡航記】

ロシアの作家ゴンチャロフ旅行記《フリゲート艦パルラダ号Fregat Pallada》(1858)の部分訳。1852‐55年(嘉永5‐安政2)ゴンチャロフは遣日使節プチャーチン提督の秘書官として世界周航に参加し,1853年長崎に来航した。幕末の日本を,西洋の先進国の高みからアイロニカルに描き出す一方,日本の新しい力の萌芽をも目ざとくとらえたこの旅行記は,明治以来繰り返し邦訳され,日露交渉史の貴重な史料となってきた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の日本渡航記の言及

【ゴンチャロフ】より

…52‐55年にプチャーチン提督の秘書官として世界周航に参加し,53年(嘉永6)長崎に来航。この旅行体験は《フリゲート艦パルラダ号》(1858,部分訳《日本渡航記》)にまとめられた。56年文部省の検閲官に就任し,62年に内務省の機関紙《北方の郵便》の編集長,65年には出版事務総局局員となり,67年に四等官の位で退官した。…

※「日本渡航記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本渡航記の関連キーワード村川 堅固異国叢書セーリス井上 満井上満

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android