旅行記(読み)リョコウキ

  • りょこうき リョカウ‥
  • りょこうき〔リヨカウ〕

世界大百科事典 第2版の解説

英語でtraveller’s taleというと,直訳すれば〈旅行者の話〉であるが,実際の意味は〈ほら話,つくり話〉である。これは英米人独特のユーモア産物であろうが,興味深い一面をもっている。現在でこそ〈旅行記〉は真実でなければならないと考えるのが常識だが,18世紀ごろまでは事実か創作かの区別はひどくあいまいで,読者も厳密な区別を作者に要求することはなかった。例えば有名な《ロビンソン・クルーソー生涯と奇しくも驚くべき冒険(ロビンソン・クルーソー)》の初版(1719)の表紙には,〈彼自身によって書かれた〉と記されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 旅行中に見聞きしたことや感想など、さまざまのことを書き記したもの。
※落葉(1889‐90)〈内田魯庵〉「千七百十二年に旅行記(リョカウキ)を出版せしクック氏」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

旅行記の関連情報