コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本糖尿病協会 にほんとうにょうびょうきょうかい

家庭医学館の解説

にほんとうにょうびょうきょうかい【日本糖尿病協会】

 糖尿病についての正しい知識を得る、糖尿病の人どうしの親睦(しんぼく)をはかるなどを目的にして、日本糖尿病協会(日糖協)が1964年につくられました。2001年10月現在、会員数は7万9868人です。
 日糖協の支部は各都道府県に1つずつあります。会員は原則として、病院、診療所、保健所などクリニック単位で、日糖協に入会しています。クリニックでまとまることができない場合は、個人会員として入会することもできます。
 会の活動はそれぞれの支部、クリニックでちがいますが、医師、看護師、栄養士、保健師などの指導で、月1~2回、食事療法、インスリン療法などの勉強会を開いている会が多いようです。とくに養生がむずかしい会員や、入会したばかりの会員のために、週ごとに講習会を行なうクリニック団体もあります。
 クリニック団体ごとに、親睦をかねて旅行をしたりすることもあります。旅行のときには、栄養士から規定内のエネルギーで、どのように料理を選べばよいかなどの指導も行なわれます。
 子どもだけのクリニック団体もあり、食事療法、インスリン療法を学ぶために、サマーキャンプなどを開催することもあります。イモ掘り、ピクニックなどの楽しいレクリエーションも行なっています。
 会員には、毎月機関誌「さかえ」が配布されますが、これには糖尿病についての新しい情報などが掲載されています。各支部、各クリニック団体ごとに機関誌を発行しているところもあります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

日本糖尿病協会の関連キーワード糖尿病の人の海外旅行の注意世界糖尿病デー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本糖尿病協会の関連情報