コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本記 にほんぎ

世界大百科事典 第2版の解説

にほんぎ【日本記】

幸若舞曲の曲名。天地の始まりと神々出現の次第,日本国の始まりを語る。弉諾(いざなき)・伊弉冉(いざなみ)2尊が日本国を開くために大海の面に(ほこ)を下ろして探るが何も当たらない。体の各部分から世界が生じ,やがて五行説を列挙して,すべて三宝に収まり,一心三観みな空にして隔てなしと,天地和合の理を説いて再び鉾を下ろし,淡路島を得る。鉾の滴(したた)りが大海を漂う大日の梵字の上に止まって生じた国のゆえに大日本国という。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本記の関連キーワードロバート・ハンス ファン・ヒューリック日本記者クラブ(にほんきしゃくらぶ)松本市山田杯梓川ハーフマラソンpress centre世界室内陸上競技選手権スピードスケート二百メートル走四百メートル走W. ナウマンハードル競走個人メドレー百メートル走ハンマー投げ日本航空協会朝鮮日日新聞疋田 桂一郎陸上リレー山内 リヱ具志堅用高福士加代子

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本記の関連情報