コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大日 ダイニチ

世界大百科事典 第2版の解説

だいにち【大日】

密教の中心本尊で如来の一つ。サンスクリット名マハーバイローチャナMahāvairocanaの訳で,摩訶毘盧遮那(まかびるしやな)と音訳し,単に毘盧遮那仏ともいう。その智慧の光明があまねく一切に及び,慈悲の活動が永遠不滅とされ,密教の体系ではすべての諸仏諸菩薩はこの如来より出生したとされる。《大日経》に説く胎蔵大日如来と,《金剛頂経》に説く金剛界大日如来の2種があり,両経が展開する説に基づいた,いわゆる両界曼荼羅の中心に位置する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

だいにち【大日】

〔「たいにち」とも〕
「大日如来」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の大日の言及

【密教】より

…第1の雑密とは,世界の女性原理的霊力をそれと同置された呪文,術語でいう真言(しんごん)(マントラ),明呪(みようじゆ)(ビディヤーvidyā),陀羅尼(だらに)(ダーラニー)等の誦持によってコントロールし,各種の目的(治痛,息災,財福の獲得など)を達しようとするものである。純密とは《大日経(だいにちきよう)》と《金剛頂経(こんごうちようきよう)》のいわゆる両部大経を指すが,前者は大乗仏教,ことに《華厳経》が説くところの世界観,すなわち,世界を宇宙的な仏ビルシャナ(毘盧遮那仏)の内実とみる,あるいは普賢(ふげん)の衆生利益の行のマンダラ(余すところなき総体の意)とみる世界観を図絵マンダラとして表現し,儀礼的にその世界に参入しようとするもので,高踏的な大乗仏教をシンボリズムによって巧妙に補完したものとなっている。《金剛頂経》はシンボリスティックに表現された仏の世界を人間の世界の外側に実在的に措定し,〈象徴されるものと象徴それ自体は同一である〉というその瑜伽(ヨーガ。…

【密教美術】より

…仏教が,バラモン教を摂取したヒンドゥー教の隆盛に対応するため,これらと妥協し,回生を計ろうとしたところに密教学は確立された。やがて大日如来(大日)を中心に,釈尊の禁止した呪や印契,壇を設ける修法を取り入れ,バラモン教・ヒンドゥー教の諸神を多量に包摂した。 密教のアジア諸国への伝播にはいくつかの道があった。…

※「大日」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大日の関連キーワード長野県東筑摩郡筑北村坂北高知県香南市野市町母代寺三重県三重郡菰野町竹成鳥越大日スポーツランド秋田県大館市比内町独鈷天照大神・天照大御神大日岳(立山連峰)奈良県橿原市小綱町茨城県笠間市箱田山形県南陽市竹原高井山寄古墳群胎蔵界曼荼羅五智の宝冠金剛宝戒寺阿毘羅吽欠大日堂舞楽毘盧遮那経五智五仏薬弥大観真言神道

大日の関連情報