コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日清汽船会社 にっしんきせんかいしゃ

世界大百科事典 第2版の解説

にっしんきせんかいしゃ【日清汽船会社】

中国沿岸航路を経営した日本の海運国策会社。日清戦争後,揚子江航路に進出した日本の海運業同士の激しい競争を回避するため,政府の勧誘で大東汽船,湖南汽船の2社と大阪商船日本郵船の揚子江航路部門を統合・合併して1907年3月創立された。新会社は4社の航路を継承し,本社を東京に置き,初代社長に逓信官僚石渡邦之丞が就任した。資本金は810万円であるが,海運業界では日本郵船,大阪商船,東洋汽船につぐ第4位の規模であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日清汽船会社の関連キーワード加藤 正義白岩 龍平

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android