コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日清汽船会社 にっしんきせんかいしゃ

1件 の用語解説(日清汽船会社の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

にっしんきせんかいしゃ【日清汽船会社】

中国沿岸航路を経営した日本の海運国策会社日清戦争後,揚子江航路に進出した日本の海運業同士の激しい競争を回避するため,政府の勧誘で大東汽船,湖南汽船の2社と大阪商船日本郵船の揚子江航路部門を統合・合併して1907年3月創立された。新会社は4社の航路を継承し,本社を東京に置き,初代社長に逓信官僚石渡邦之丞が就任した。資本金は810万円であるが,海運業界では日本郵船,大阪商船,東洋汽船につぐ第4位の規模であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日清汽船会社の関連キーワード日本通運国策会社東廻り航路南満州鉄道新和内航海運トヨフジ海運阪九フェリー丸三海運新日本海フェリー雄洋海運