転落(読み)ころがりおちる

精選版 日本国語大辞典「転落」の解説

ころがり‐お・ちる【転落】

〘自タ上一〙 ころがりお・つ 〘自タ上二〙
① ころがって下へ落ちる。回転しながら落ちる。ころび落ちる。ころげ落ちる。
滑稽本・七偏人(1857‐63)二「中段を足踏はづし、どたどたどったり、真仰向(まあふむけ)に転(コロガ)りおち」
② 高い地位から一気に転落する。ころげ落ちる。「チャンピオンの座から転がり落ちる」

ころび‐お・ちる【転落】

〘自タ上一〙 ころびお・つ 〘自タ上二〙 =ころがりおちる(転落)
徒然草(1331頃)二一三「御前火炉に火をおく時は〈〉ころびおちぬやうに、心得てをつむべきなり」

ころげ‐お・ちる【転落】

〘自タ上一〙 ころげお・つ 〘自タ上二〙 =ころがりおちる(転落)
※滑稽本・田舎草紙(1804)四「おびのあいだより、小銭百ばかりころげおちたるをひろい」

まろび‐お・ちる【転落】

〘自タ上一〙 まろびお・つ 〘自タ上二〙 ころがって落ちる。ころげ落ちる。
※観智院本三宝絵(984)上「加久許の事に痛み迷て心弱はく丸ひ落つるぞ」

こけ‐お・つ【転落】

〘自タ上二〙 ころげ落ちる。ころび落ちる。
※天草本平家(1592)三「ソバナ タニ エ coqe(コケ) votçuru(ヲツル) トコロデ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「転落」の解説

てん‐らく【転落/×顛落】

[名](スル)
ころげ落ちること。「岩場から―する」「―死」
上位から下位に一挙に落ちること。急激に落ちぶれること。「―の一途をたどる」「幕下に―する」
堕落すること。身をもちくずすこと。「悪の道に―する」
[類語](1落下墜落落ちる落ち込む陥る落っこちる下がる沈む下降する降下する沈下する低下する低落する下落する落馬する落輪する脱輪する失墜する滑落する崩落する滑り落ちる転げ落ちる崩れ落ちる零れ落ちる零れる/(3落ちぶれる没落零落凋落落魄うらぶれる成り下がる淪落堕落末路斜陽地に落ちる成れの果て見る影もない

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android