コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日興コーディアル証券 にっこうコーディアルしょうけんNikko Cordial Securities Inc.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日興コーディアル証券
にっこうコーディアルしょうけん
Nikko Cordial Securities Inc.

証券会社。「コーディアル Cordial」とは,英語で「誠心誠意の」という意味。 1944年川島屋證券 (1918創業) と旧日興證券 (1920設立) が合併して日興證券設立。第2次世界大戦後,証券投資信託業務に力を入れ成長,公社債の個人消化を目指す公社債投資信託の先鞭をつけた。 1955年のアメリカ合衆国進出以来,海外での活動も盛んで関係会社も多い。 2001年 10月,日興證券は社名を日興コーディアルグループに変更するとともに持株会社に移行。同年3月に設立された日興證券分割準備株式会社が日興コーディアル証券に社名変更し,証券業その他営業のすべてを承継した。日興コーディアルグループは 2007年,アメリカの金融持株会社シティグループの傘下に入り,2008年には同社の日本法人シティグループ・ジャパン・ホールディングスの完全子会社となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日興コーディアル証券の関連キーワード大和証券グループ本社と三井住友フィナンシャルグループソロモン・スミス・バーニーSMBC日興証券エコファンド小原加奈子銀証連携福沢杏花浜田治貴宮崎裕子安本健

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日興コーディアル証券の関連情報