コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日野晏子 ひの やすこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日野晏子 ひの-やすこ

1906-1987 昭和時代後期の俳人。
明治39年3月10日生まれ。日野草城(そうじょう)の妻。戦後,病気の夫をなぐさめるため句作をはじめ,「太陽系」などに投句。昭和24年から草城が主宰する「青玄」に投句。夫の闘病生活をたすけながら口述筆記,雑誌編集事務にあたった。昭和62年10月28日死去。81歳。大阪出身。本名は政江。別号に真冴。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日野晏子の関連キーワード俳人

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android