日野晏子(読み)ひの やすこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日野晏子 ひの-やすこ

1906-1987 昭和時代後期の俳人。
明治39年3月10日生まれ。日野草城(そうじょう)の妻。戦後,病気の夫をなぐさめるため句作をはじめ,「太陽系」などに投句。昭和24年から草城が主宰する「青玄」に投句。夫の闘病生活をたすけながら口述筆記,雑誌編集事務にあたった。昭和62年10月28日死去。81歳。大阪出身。本名は政江。別号に真冴。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android