日露地先沖合漁業協定(読み)にちロおきあいぎょぎょうきょうてい(英語表記)Japan-Russia Reciprocal Fishery Agreement

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「日露地先沖合漁業協定」の解説

日露地先沖合漁業協定
にちロおきあいぎょぎょうきょうてい
Japan-Russia Reciprocal Fishery Agreement

日本とロシア間にある2つの漁業協定のうちの一つ。両国の 200カイリ水域内の相互入域を認める協定で,1984年に締結した。協定に基づき日露漁業委員会が設置され,漁獲割当て,漁業規制などの操業条件を毎年交渉する。 93年末にモスクワで行われた交渉では,相互の 200カイリ水域内の無償漁獲割当てを 10万tにする一方,日本のロシア海域内の有償分沖合底引きについて1万 8000tが認められた。有償分の漁業協力費としては7億 2000万円を支払うことで決着した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android