日高川伝説(読み)ひだかがわでんせつ

百科事典マイペディアの解説

日高川伝説【ひだかがわでんせつ】

安珍・清姫伝説とも。熊野参りの若い僧安珍に恋慕した清姫が,逃げる安珍を追って蛇体となって日高川を渡り,道成(どうじょう)寺の釣鐘に隠れた安珍を鐘もろとも焼く。この伝説は和歌山県道成寺の縁起となり,能,浄瑠璃,歌舞伎に何度も脚色され,道成寺物と呼ばれる系統をなす。
→関連項目伝説道成寺

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android