日高川伝説(読み)ひだかがわでんせつ

百科事典マイペディアの解説

日高川伝説【ひだかがわでんせつ】

安珍・清姫伝説とも。熊野参りの若い僧安珍に恋慕した清姫が,逃げる安珍を追って蛇体となって日高川を渡り,道成(どうじょう)寺の釣鐘に隠れた安珍を鐘もろとも焼く。この伝説は和歌山県道成寺の縁起となり,能,浄瑠璃,歌舞伎に何度も脚色され,道成寺物と呼ばれる系統をなす。
→関連項目伝説道成寺

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android