釣鐘(読み)つりがね

精選版 日本国語大辞典 「釣鐘」の意味・読み・例文・類語

つり‐がね【釣鐘】

〘名〙
寺院鐘楼などにつるしてある、青銅で鋳造した大きな鐘。撞木(しゅもく)でつき鳴らす。おおがね。つきがね。楚鐘(ぼんしょう)。〔日葡辞書(1603‐04)〕
武具一つ。釣鐘状の指物(さしもの)
大声で話すこと。大声で叱ること。また、その人。〔隠語構成様式并其語集(1935)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「釣鐘」の意味・読み・例文・類語

つり‐がね【釣(り)鐘】

寺院の鐘楼などにつるしてある大きな鐘。青銅で鋳造し、つり撞木しゅもくでつき鳴らす。梵鐘ぼんしょう
[類語]梵鐘晩鐘

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア 「釣鐘」の意味・わかりやすい解説

釣鐘【つりがね】

釣り下げて撞木(しゅもく)でついて鳴らす鐘。特に寺の梵鐘(ぼんしょう)をいう。日本の梵鐘の原形は中国周代の楽鐘で,仏教とともに伝来し,独特の発展を遂げた。銅製が多く,まれには鉄製。形式は上のすぼんだ円筒形の上に竜頭(りゅうず)をつけ,胴に乳(ち),袈裟襷(けさだすき),撞座(つきざ)などを配したもの。奈良時代から平安中期までの鐘は,2個の撞座の中心を結ぶ直線が,竜頭の長軸線と直交するが,平安中期以降のものでは両者は一致する。また時代が下ると口縁の駒の爪(つめ)といわれる部分の出が大きくなる。梵鐘の遺品は多く,日本で最古の銘をもつ妙心寺,銘文で名高い神護寺,形の美しい平等院のものなど名鐘が多い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

改訂新版 世界大百科事典 「釣鐘」の意味・わかりやすい解説

釣鐘 (つりがね)

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版 「釣鐘」の解説

釣鐘 (ツリガネ)

植物ツツジ科の落葉小高木。サラサドウダン別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

閏日

太陽暦では,1太陽年が 365.2422日にあたるため,平年を 365日とし,400年に 97回閏日をおいて補正する必要がある。最初の一応完全な太陽暦は,前 46年,ユリウス・カエサルがアレクサンドリ...

閏日の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android