コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釣(り)鐘 ツリガネ

デジタル大辞泉の解説

つり‐がね【釣(り)鐘】

寺院の鐘楼などにつるしてある大きな鐘。青銅で鋳造し、つり撞木(しゅもく)でつき鳴らす。梵鐘(ぼんしょう)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

釣鐘【つりがね】

釣り下げて撞木(しゅもく)でついて鳴らす鐘。特に寺の梵鐘(ぼんしょう)をいう。日本の梵鐘の原形は中国周代の楽鐘で,仏教とともに伝来し,独特の発展を遂げた。銅製が多く,まれには鉄製。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone