旧株/新株(読み)きゅうかぶしんかぶ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

旧株/新株

株主に対し「新株」を発行した際、以前から保有していた株式のことを「旧株」という。これに対し、新しく発行された株を新株という。既に発行されている株式を保有している株主に対して割り当てを行ない、新株を発行した場合において既に保有している株式のことを旧株。これに対して、株式会社が株式分割や増資、合併・株式交換等により、新しく発行する株式のことを新株という。既に発行されている株を旧株、増資や合併により発行された株式を新株と理解すればわかりやすい。旧株を親株というのに対して、割り当てられた新株のことを子株ともいう。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android