コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

親株 おやかぶ

3件 の用語解説(親株の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

親株

企業での分割や増資、合併・株式交換などで、すでに発行されている株式のこと。新たに発行する株式のことを「新株」と呼ぶのに対して、すでに発行されている株式のことを「親株」と呼ぶ。例えば、増資して新株を発行した場合、新株に対する旧株を指す。その場合、新株は「子株」となる。旧株と新株で株主の権利に差があって区別される時に使われる。新株は配当の起算日がその発行日とされ、期末の配当が日割り計算で旧株(親株)より少なくなる場合、新株と旧株は決算期が終了するまで別の銘柄として売買される。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おや‐かぶ【親株】

根を分けて苗木をとるときの、もとになる株。⇔子株
株式会社の増資で発行された新株に対して、それまでに発行されている元の株式のこと。旧株。⇔子株

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おやかぶ【親株】

増資により新しい株券(子株)が発行された時、それ以前に発行されていた株。旧株。
株分けして、苗木をとる時のもとになる株。
▽↔ 子株

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の親株の言及

【新株発行】より

…株式会社が,その成立後,発行予定株式数(授権株式数)の範囲内で新たに株式を発行すること。その株式を新株または子株(これに対しすでに発行している株式は旧株または親株)という。新株発行は株式会社の資金調達の一方法であるが,銀行からの借入や一般公衆からの借入(社債)と異なり,自己資金の調達であり,会社の規模の人的・物的拡大である。…

※「親株」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

親株の関連キーワード株式交換新株旧株子株取得ストラクチャー株式交換制度反対株主の株式買い取り請求簡易組織再編税制適格企業再編

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

親株の関連情報